忍者ブログ

11日分はまだ途中なんですが、とりあえず。



「ジェンダーと科学」の科学
「ジェンダーと科学」を巡る、スティーヴン・ピンカーとエリザベス・スペルキの共同討議

まだ全部読んでないし、エリザベス・スペルキって人についても全然知らんのでいい加減なことは言えませんが、ピンカーのBlank Slate での議論を併せ考えると、「男と女は脳の働き方自体が違うんだから、それを無視してお題目だけの『男女同権』を叫んでも仕方ないし、科学分野での向き不向きに関してもそうなんじゃん?」というピンカーと、「んなことない!」というスペルキの対決?

でも、ざっと読んだ感じ、そんな「対決!」って風でもないんだよな。

Originally posted by Xeni Jardin



チューイングガム・アート

http://www.boingboing.net/images/Picture%201.jpg 道端にほかされたチューインガムによるアート。にしても、人が吐き捨てたガムでこういうことやろうとするかあ?
Originally posted by Mark Frauenfelder



思考泥棒
マイクロソフトが「知財泥棒は、どのように個人、または社会に影響を与えるか」についての短編映画コンペを開催、優勝者には何と賞金£2,000(40万弱ぐらいか)だと!

で、このコンペの名前が「思考泥棒 Thought Thieves」というわけ。

何かかっくいいなあ、Thought Thievesって!

Thought Thieves rule!

Originally posted by Cory Doctorow



本物の車でPCカーレースゲームを
http://craphound.com/images/realvirtualcar.jpg

こりゃ、やらかしたなあ

ハンドルとかギアとかアクセルを改造して、USBでPCに繋がるようにして、画面はLCDプロジェクタで投影、という感じ。

リンク先で見られる、上の写真のでっかいヴァージョンを見ると、すっげー楽しそうな顔でプレイしてて、何だかあったかい気持ちになりました。

Originally posted by Cory Doctorow



ヴィンテージ・ガーリーマガジンの表紙

http://craphound.com/images/bold1956.jpg ガーリーマガジンって何て言いますかねえ……グラビア雑誌? それも違うような気がするけど、まあ、とにかく、ヴィンテージな、ほんのり漂う色香をお楽しみください
Originally posted by Cory Doctorow



色んなグラフ紙PDF版
ちょっと便利そう

にしても、これについてのコリーのコメント、「おれがD&Dやってるときにこいつがあればなあ」ってのが素敵。つか、PCあるんだったらグラフ紙印刷するまでもないでしょ。でもやっぱり、あれはダンジョンマスターが地図をこう隠してやってるってのがいいんだしなあ(独り言)。

Originally posted by Cory Doctorow



Journal of Ride Theory

http://craphound.com/images/jortomnibus.jpg アミューズメントパークの乗り物や、トンチキな輸送手段についての総合誌Journal of Ride Theory の第1号から5号までのコンパイル版が出た模様。にしても、底知れぬ悪意がプンプン漂ってくるんですが……。まあ、寄稿者にNegativlandがいることからも、その悪意は明らかなんですが。
Originally posted by Cory Doctorow



ツタンカーメンの素顔(想像図)

http://www.boingboing.net/images/_media_photo_2005-05_17512891.jpg フランスの研究者が、ツタンカーメンのミイラをCTにかけたりして、在りし日の姿を大胆復元!。つーか、おれ、左の写真だけ見たとき、パンクな女かと思いましたよ。
Originally posted by Mark Frauenfelder



飛び出す絵本の歴史
http://www.boingboing.net/images/_rarebooks_exhibits_popup2_images_puss-1.jpg

ノーステキサス大のオンラインコレクション

何と、ポップアップ絵本の最初期の作者は、ライムンドゥス・ルルスだったのか!

Originally posted by David Pescovitz



1本2,000円以上する鉛筆
http://www.boingboing.net/images/_01_i_04_04_c7_15_1_b.jpg

Eberhard FaberのBlackwing 602というのが、それ。

というのも、このBlackwing 602、現在ではもう生産中止の品で、手に入れるにはeBayなどのオークションサイト等で、プレミアつきの値段で購入するしかなく、ワンケース250ドルとかで取引されている、とのこと。

んで、そのBlackwing 602について熱く語ったこのページ、なかなかに読ませます。何か、ちょっと使ってみたくなるほど。

Originally posted by Mark Frauenfelder
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]