忍者ブログ
ちょっと前になりますが『フローズン』(邦題は『雪の女王がどーしたこーした』とかいうやつ)を見ました。ふつうのディズニー映画でした。

見終わったあと奥さんに「これ、日本ですごく流行ったらしいんだけど何でだと思う?」と聞いたところ「さあ、何でだろうね」とつれない返事。じっさい、何で流行ったんでしょうね。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
ああ、観てたら滔々と書くのに! でも思うに、日本語吹替の松たか子と神田沙也加が良かったからではないかな。
mom 2015/06/01(Mon)17:13:07 編集
そんな理由で流行ったの?
はやし 2015/06/01(Mon)17:22:47 編集
『雪の女王がどーしたこーした』!!(日本では『アナと雪の女王』ね。略して『アナ雪』だってよ)

私は飛行機の中で観たんだけど、残念ながら行き先が韓国だったため最後の10分(へたしたら5分)というところで着陸してしまい、いまだにラストを知らないという。ただ私も「なんでこんなふつうのディズニー映画が流行ったんだ?」って思ったよ。というか、ディズニー映画の中でももっといい映画は山ほどある!

ちなみに日本ではその内容以上に曲がすごい流行ったのよ。どこもかしこもレリゴーレリゴーで、しまいにゃ映画館で「みんなで歌おう版」みたいのまで上映されてて、なんなん?ってなった。
2015/06/01(Mon)17:59:30 編集
ああ、それそれ、穴雪穴雪(←何か、まとまりのよい、ゆかいな字並び)。

で、ラストは、これ以上ないくらい予想通りのものなので、見なくても何ら問題ないと思う。(むしろ、ラストはあえて見ず、自分なりのバッド・エンディングとかを創造したほうがたのしめると思う)

でで、内容より何より、歌が流行ったのか。それは、何となくありそうなことだな。ともあれ、「映画館でみんなで歌おう版」、たのしそうではないの、ロッキー・ホラー・ショーみたいで。
はやし 2015/06/02(Tue)16:21:27 編集
この映画がなぜ流行ったのか。

それは

「王子の不在。女性の自立」を描いたかららしいよ。

すすむ晩婚化と少子化問題を抱えた日本にはまったとかなんとか。

ちなみにわたしも観ていません。
2015/06/03(Wed)01:06:14 編集
そんな理由なの? たしかに、王子はいなかったけど、引きこもってたんだからいなくてとうぜんだし、それに、劣等感は克服したかもしれないけど、それと自立は別の話だしなあ。だいたい、王族なんだから自立もへったくれもないよね。(そういう意味では、皇室のお嬢さま方の話に引き寄せたほうがテーマ的には合ってるけど、そういう理由では流行ったりしなさそうだしな)
はやし 2015/06/03(Wed)16:04:22 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/28 FerminBycle]
[06/27 カルティエ 指輪 クリーニング]
[06/27 ブランド激安 時計 0752]
[06/27 ブランド激安通販]
[06/26 バッグ ブランド激安]
[06/26 s品 n品]
[06/26 ルイビトン激安本物]
[06/26 グッチ 長財布 メンズ]
[06/26 ブルガリ カフェ 銀座]
[06/26 レディース財布 ブランド激安]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]