忍者ブログ
たしか渡部直己だったと思うけど、「小説家は『構造と力』を読んだ(そして理解した)か読んでいない(あるいは読んだけど理解できなかった)かで分類できる」と言っていた。たとえば高橋源一郎はあきらかに前者、よしもとばななは(あきらかに?)後者。おもしろいのは村上春樹の扱いで、彼は「『構造と力』は読んだ(そして理解した)けど読んでいない(あるいは読んだけど理解できなかった)ふりをしている小説家」だという。

もちろん、こういう「分類」というのはいつだってその限界があり、それだけで対象物が語りつくせないことは言うまでもないし、それにそもそも、これは一種の「遊び」と受けとるべきで、「そんな分類が成り立つわけないじゃないか」と憤ってもしようがない。ただ、「村上春樹とは、『構造と力』は読んだ(そして理解した)けど読んでいない(あるいは読んだけど理解できなかった)ふりをしている作家である」という特徴づけは、かなり村上春樹の本質を捉えているように思う。

村上さんのところ」に「『構造と力』を読んだことがありますか?」という質問をすればよかったな。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]