忍者ブログ
「古典」と称されるような書物は、まだ書籍の流通がそれほど発達していなかったころに書かれたものが多く、いきおい、そうした古典においては現在のように本文や注に参考文献が飛びかうということが少ない(ぼくの大ざっぱな感覚では、18世紀までは本文や注に明白なかたちで参考文献が差しはさまれることはあまりなく、19世紀あたりからそういうことがだんだん増えてくるように思える)。だから、書かれた時代の近しい、参考文献が山もりの書物を読むさいにありがちな「あ、この文献おもしろそう。どういうものかちょっと調べてみよう」とか「お、この文献はたしか持っていたな。そちらをちょっと読んでみよう」という「寄り道」なしに(そして、この「寄り道」こそが、書かれた時代の近しい、参考文献が山もりの書物を読むことの愉しみだったりする)、その本そのものに沈みこむことができる(もちろん、書物間の往還ないしは交感はその本がいつ書かれたかにかかわらず生じるものだし、それに、書かれた時代の近しい、参考文献が山もりの書物だって、それをきちんと理解あるいは味読しようとすればそこに「沈みこむ」必要があるわけで、だから、書かれた時代によって読み方が「拡散/没入」に二分されるというのは雑すぎる物言いではあるのだけど、ごく表面的な形式が素朴にしからしむる読書形態の傾向がここでは言われているということで諒とされたい)。そして、そういう「古典への沈みこみ」には、ほかにやらねばならないことがたくさんあるときに誘われることが多く、すると、「ああ、こんなことをしている場合ではないのに」という背徳の甘美さとあいまって、とてもよい。

そんなわけでぼくはいま、「ねばならぬ」ことのいっさいがっさいを放擲して、『純粋理性批判』を読んでいる。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]