忍者ブログ

あいかわらず時間はないのだけど、コメントをあとまわしにするとけっきょくはコメントをつけないという沙汰になってしまうので、むりをする。


直観主義にかんしては、じつを言うとブラウワーのIntuitionismusくらいしかちゃんと読んだことがないので、もうすこし直観主義に親しんでおこうと思い、借りた。今回アマゾンで調べて知ったのだけど、来年ドーヴァーから再発される模様


レシニェフスキーはむかしから(それこそ学部生のころから)気になる存在だったのだけど、著作集はあまりにも荒唐無稽な値段なので買えず、フランス語のレシニェフスキー論集などを読んだりしていた。この本は、その(おもに情報の少なさゆえに)「謎に満ちた」論理体系を、ひとつの視座のもと、まとめている(ような気がする)。


じゃっかん、なにゆえに借りたか意味不明なところもあるけれど、ともあれ、けっこう重要な本だと思うので、もうちょっと手に入りやすくてもよいのではないか、と思う。もっとも、古本でもそんなに高くなく買えるので、問題はないか。


 The Vienna Circle - Studies in the Origins, Development, and Influence of Logical Empiricism (Veroeffentlichungen des Instituts Wiener Kreis)
Friedrich Stadler
(Springer, 2000)

これはアマゾンに注文中なのだけど、なかなか届く様子がないので、しびれをきらして借りてきた。内容は、「ごった煮」と言ってもいい、いろいろなマテリアルをぶちこんだという風情で、おれのような「論理実証主義マニア」にはたまらない小ネタがつまっていて、たのしい。


 Bios: Biopolitics and Philosophy (Posthumanities)
Roberto Esposito
(Univ of Minnesota Pr, 2008)

先ごろエスポジトの岡田温司による翻訳が出たことを知り、ほう、と思ったのでいきおいで借りてきた。エスポジトはその名前を知るのみで、どういう主張をなしているのかいささかも知らないが、いくら翻訳にさいして付けたものとはいえ、「脱構築」という語を冠されてしまうようなものを書いているかと思うと、ちょっと不安になる。


 Philosophy of W.V. Quine (Library of Living Philosophers)
Lewis Hahn
(Open Court Pub Co, 1986)

シルプ編纂のおなじみ(だよね?)「まだ生きてる哲学者論集」のクワイン編。そうそうたるメンバーがクワイン論を書き、クワイン本人がそれらひとつひとつについてコメントをする、という構成。ところで、カプランの「透明性」って、これ以外では読めないのかな? もしそうだとすると、なんたることか。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]