忍者ブログ
 



ホームシアターの緞帳
http://craphound.com/images/pimpedouthometheatre.jpg

上の写真をご覧いただいても分かるとおり、何もここまで、というぐらい立派なホームシアターです。

で、当然湧き上がるのは「いくらかかったんだろ?」って疑問なんですが、ご丁寧にもFAQで「あ、その質問、答えたくねえな」とスルーされちゃってます。

Originally posted by Cory Doctorow



支配/制御のアーキテクチャ
ケンブリッジ-MIT研究所で技術政策を専攻するDan Locktonの、「技術はいかにして、そのオーナーをコントロールするか?」をめぐる修論のアブストラクトめいたもの

完成した暁にはCCライセンスで公開されるみたいなんで、読んでみて「あ、こりゃあ紹介せねば」となったら、そのエッセンスだけでも紹介したいと思います。

で、上でリンクしたアブストラクトっぽいページを見る限り、レッシグが言ってるような論点を、もうちょっと実証的に研究した、という感じかな?

Originally posted by Cory Doctorow



アメリカの文化的排外主義
ずーっと以前(というほどではないか)になりますが、ローラン・ガルニエがアメリカツアーを行おうとしたんだけどアメリカの国土安全保障法の求める個人情報開示の範囲ってのがあんまりにもあんまりなんでツアーをキャンセルした、って話を紹介したんですが、どうもアメリカってのは意図的に海外のアーティストを排斥しているのではないか?と、アメリカ移民局が海外のアーティストに対してビザを下ろそうとしないことに関して、デイヴィド・バーンがアメリカの「文化的排外主義」を糾弾しとります(リンク先4月16日の記事)。以下、バーンのブログからBoing Boingに引用されてる部分。

それ(海外アーティストにビザを下ろさないこと)ってもう「文化的検閲」だよね。「考え過ぎ」ってぼくのことを言うんならそれでもいいけどさ、最近の共和党のやりくちを見ても、どうもそれって国土安全のためとかではなく、アメリカ国民に、海外からの影響とか啓発とかを受けないまま、何にも知らない状態でいて欲しいがため、って思えてきたんだよな。間違った情報を与えられ、外の世界から孤立し、何も知らされない大衆ってのは、もう簡単に操作されちゃうよね。与えられる情報はテレビのドキュメンタリーで、そっから「思いこみに基づく推論」(まあ、そんなものがあったとしたら矛盾だけどね)するとなったら、政府の思い通りになる国家のいっちょ出来上がり、ってわけ。情報にアクセスできない民主主義なんて、茶番だよ。

全く以って。

Originally posted by Xeni Jardin



ボローニャ・ソーセージ363kgを密輸しようとした男捕まる
363kgって……。何でもメキシコからアメリカに持ち込んで売りさばこうとしたみたいなんだけど(メキシコでの売価の3倍から4倍で売れるらしい)、それにしても、ねえ。

Originally posted by David Pescovitz



ハッピー・デッド・クラウン・ガム

http://www.boingboing.net/images/_blue-q-dead-clown-gum.jpg こえーよ、このガム。でもちょっと(というか、だいぶ)キャッチー。このガムのシリーズ、他も「どれもこれも」って感じだなあ。あと、全然関係ないですけど、「ハッピー・デッド・クラウン・ガム」って、ちょっとポストロックっちいエモのバンド名みたいじゃないですか?
Originally posted by Mark Frauenfelder



CCライセンスの星座表

http://craphound.com/images/ccstarmap.jpg PDF版はこちら、JPG版はこちら。7等星まで書き込まれていて、ちょろっとそこいらで売ってるものよりもすごいかも、です。
Originally posted by Cory Doctorow



FBIの警告マークはCDのジャケを汚す
まあ、ほんと「その通り」なんだけど、FBI、ならびにRIAAはそう言っても聞かねえだろうなあ。そのうちNegativelandあたりが、このFBIの警告マークを逆手に取ったアートワークで出すだろうね。

Originally posted by Cory Doctorow



スカイダイビング中にNintendoDSをプレイ

http://craphound.com/images/skydiverds.jpg おまけに、マルチプレイヤーモード。何か、建前は「ワイアレスの能力を試した」とか言ってるけど、絶対落下中にやってみたかった、というだけだと思う。ともあれ、任天堂さん、CMオファーするなら今ですよ!ちなみに、この様子を収めたビデオがtorrentで落とせます
Originally posted by Cory Doctorow



聖体拝受が本当だとしたら……
「聖体拝受」というのは言うまでもなく、ミサのときにパンとぶどう酒を、「イエスの血と肉」として飲み食いし、そうすることで「紙との交わり」を実現する……っていう儀式なんですが、このパンとぶどう酒が実際に血と肉だったら、イエスっつーのはどんだけでかいのよ?ってのを計算した怖いもの知らずがいます。

で、それによると、血の量は138,000,000,000ガロン(1ガロンは3.79リットル)、肉の量は1,216,952トンとのことで、平均的なアメリカ成人男性と比べると、血の量920億倍、肉の量200億倍、とのこと。

ほう。

Originally posted by Cory Doctorow
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]