忍者ブログ

何でも最近、その名を語るのに「現代スコットランドを代表する」だの「現代スコットランド文学の奇才」だのという枕が付くことの多いアラスター・グレイの、処女作にして「最高傑作」と言われる『ラナーク』がやっとこさ翻訳出版されたというので(しかも、分厚さのわりに安い!)、元本を買ってみた。

手元に届いたばかりなので、当然まだ読んじゃいないわけだが、ぱらぱらとページをめくるだけで「いかにも」な感じががんがん伝わってくる。たとえば、物語がいきなり「第3部」から始まっている。また、たとえば、エピローグの紙面構成は、どうしたってこの本を思いだしてしまう(しかも、そこに挿入されるのは、「剽窃索引」と題された、この本の「ネタ元」ばらしである)。そして、豪速球で投げられる、つぎのようなメタフィクティヴな一節。

「きみが経験してきた、そして経験しつつあるすべてのものは、ただひとつのものから出来ている」
「原子から、だね」とラナークは応える。
「いや、ちがう。印刷物から、だ。たしかに、ある世界は原子から成る。だが、きみの世界は、整列した行のなかを、まるで昆虫の大群のように、白い紙葉のページからページへと行進するちびっこい印しから成っているんだ」

(しかもご丁寧にこの部分には註が付いていて、「印刷物も原子から出来ていることには変わりはないので、ここは『言葉』とか、そういう表現のほうがいいだろう」と、自らの書きものに難癖を付けている)

こうしたメタフィクティヴな要素は、下手をすれば読者を鼻白ませるだけの結果になってしまうのだが、ここまで大っぴらだと、「もっとやれ! もっとやれ!」となるからふしぎだ。

その分厚さや構成の入り組み具合から、『ユリシーズ』や『重力の虹』が引き合いに出されたりもするが、この『ラナーク』はそれらに比べかくだんに読みやすそうな感じがするので(本の分厚さ、構成の複雑さ、そしてリーダビリティを兼ね備えているという意味で、バースなんかがいちばん近いんではなかろうか)、冬期休暇中の「息抜き読書」で読み切ってしまいたいな。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
「全ての経験が印刷物から出来ている…。」

このフレーズは、はやしさんの自己紹介に使うのが一番ぴったりくるよな、うん。
宮本浩樹 2007/11/30(Fri)14:34:00 編集
それなりの量の文物を読んでいるということは、そのほかのアクティヴィティをしていないということを、べつに意味するわけではないんだけどねえ。だいたい、おれそんなに読書家じゃないし。
はやし 2007/11/30(Fri)15:03:00 編集
「ラナーク」、本屋で手にとって面白そうだったので昨日買うてしまった。714ページを一日100ページ読むとして、1週間ちょいか。勢いに乗ればもっと速いかも。にしても重いな。
Sita 2007/12/10(Mon)16:59:00 編集
『ラナーク』かなりおもしろそうっしょ? で、ヤヤコシそうな面構えのわりに、けっして読みにくくはない。だから、ことによればけっこう早く読み終わってしまうのでは。おれは、帰国時の機内、および日本滞在中に読もうと思ってますですよ。
はやし 2007/12/10(Mon)17:43:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]