忍者ブログ

きのう買った『ちょっと本気な千夜千冊虎の巻』を読んでいたら、セイゴオ流読書術をてぎわよくまとめている章にぶちあたって、そこには、「自分のコンディションに合わせて本を読む」A型読書や、「外側の環境に合わせて本を読む」B型読書のほか、C型読書として、前からおれも実践していた「目次読書法」や「要約読書法」、そして、今回ちょっと練習してみようと、人生何度目だか分からないが思った「マーキング読書法」が紹介されていた。

おれは、けっして「愛書家」ではない。でも、なぜだか本に筆記具でなにごとかを書込むのを躊躇してしまうし、よしんばそうしたハードルを越えたにしても、根がそうとうなめんどくさがりなので、すぐに書込むのをやめてしまう。だが、ある1冊の本を読み終わり、後日、「あれはどこに書いてあったけな」とその本をひっくり返すとき、「ああ、マーキングしておけばよかったなあ」と思うことが多いのも、また事実なのだ。だから、如上のような「2つの困難」を乗りこえて、ぜひともマーキング読書法を実践したい。そう思って、現在読書会で読んでいる『社会システム理論』を練習対象として選んだ。

そうなると、まず考えてしまうのが「いかにマーキングするか」という「方法」の部分で、でも、あくまで目的は「マーキングする」ことにではなく「本を読む」ことにあるのだから、あまり大仰で、その設定についてしばらく思いを馳せなければ遂行できないようなおおがかりなものではなく、「『おお』と思ったところは直線、分からないところは波線、かならずしも『おお』とは思わなかったけど著者的には重要なポイントなんだろうなというところには2重線(『おお』と思ったところと重なる場合は、その2重線の右肩に星印やマルでもつけておく)を引く」というかんたんなものを設定した。

だが、ここで問題が生じたのだ。『社会システム理論』はあまりにも分からないところが多すぎて、紙面がなみなみだらけになってしまう。それはあまりうつくしい光景でもないし、なにより、引くのにそれなりに手間のかかるなみなみをたくさん書かねばならぬのは、あまりありがたい話でもない。それに、ほかのポイントがなみなみに埋もれて目立たなくなってしまいもする。また、こうもなみなみが多いと、その「分からなさ」の指標の粒度を上げようと、つまり、「どうして分からないのか」という「分からなさの種別」を区分けし、それに応じたマーキングを施したくなってくる。

こうして、修行はつづく。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
線が引かれる前の本→読むという自己準拠(読む人間ではなく読まれる本から見て)→線が引かれた後の本というようにオートポイエーテックに自己準拠システムの典型的な読みではないですか。まさにルーマン理論を実践しながら体得するという離れ業だ。感心した。
英司 2007/07/15(Sun)17:01:00 編集
いやあ、「ルーマン理論を実践しながら体得する」なんて状態からはほど遠く、読めば読むほどに「分からなさ」が沁み出てくるルーマンのテクストを前に七転八倒しながら試行錯誤、といったところですよ。
はやし 2007/07/16(Mon)03:38:00 編集
いやー、そりゃ、専門研究者を目指すはやしさんがそうなら、暇つぶしでしかできない私などもっとわかりませんよ。

で、ふと思ったのですが、論理学では人工言語を使いますよね。あれをもってして、ルーマンのあの悪書たる『社会システム理論』の自然言語(でもない気もするが)をコンバートできないものでしょうかね。

ルーマンの自然言語を論理学の人工言語にした人はおそらく未だ誰もやってないと思われますので、かなりおもろいかもしれない。はやしさん、やりたくなってきたんじゃないですか。一度チャレンジしてみてはどうでしょう。私は力量と忍耐力がないから無理です。
英司 2007/07/18(Wed)19:16:00 編集
あっそうか、論理学は形式しか扱えないんだ。意味内容までは踏み込めないんだ。じゃあ無理じゃん。
英司 2007/07/18(Wed)19:29:00 編集
ルーマンのテクストを見通しがよくなるように形式化してみてはどうか、って、じつはおれ、ちょっと考えていたことではあるんですよ。要は、キーになる命題群を抜きだし、それらの相互関係(公理と考えられるのは何か、そして、それら公理から諸命題がどのように導出されているのか)の、その骨組みだけを取りだしてみる、ということです。

ただ、これはひでさんも指摘するように、言うは易しであって、じっさいに遂行しようとなるとかなりの難事業であることは容易に推測される。それを思うと、じっさいに手を出すのはどうかな、と思ってしまいます。

ちなみに、「論理学は形式しか扱えない」というのは、たぶん誤解の一種で、たしかにぼくは論理学をして「没内容」と称しましたが、そこで言わんとしたことは、「内容を扱えない」ということではなく、「内容に関わらない」ということで、言ってみれば形式と意味とは、ここでは一対多の関係にあるのです。
はやし 2007/07/19(Thu)11:29:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]