忍者ブログ

何かをやらねばならぬときというのはどうして、本を買いたくなったり、のみならず、猛然と読書欲が湧き上がってきたり、あまつさえ、ふだんはあまり発露せぬ創造欲が噴出したり、それ以外諸々、「ああ、これやりたいな」ということが出てくるのだろうか。前にも言ったことがあるとおもうが、このメカニズムがある程度解明されれば、何かをやる上での動機付けということに資すること大であろう。ともあれ、買ったものは以下。

  • 小松左京, 果てしなき流れの果に, ハルキ文庫
  • 小松左京, 復活の日, ハルキ文庫
    小松左京、というと、おれもご多分に漏れず、通俗SF作家との認識しかなかったのだけど、ここで絶賛されているのを読んで、これはいっとかなきゃな、と思い、購入。入門としてよろしいとされていた『継ぐのは誰か?』がなかったのが残念。

  • シドニー・シューメーカー, 自己知と自己同一性, 勁草書房
    双書プロブレーマタの1冊。シューメーカーの翻訳が出ているなんて知らんかった。

  • 吉本隆明・三好春樹, 〈老い〉の現在進行形, 春秋社
    老いの超え方』が意外にも面白かったので、これも購入。吉本パパは、そのいい加減な語り口が魅力だと思う。

  • デューイ=タフツ, 倫理学, 人間の科学新社
    おれが買ったのは、河出書房新社「世界の大思想」版『社会倫理学』なんだけど、たぶんリンク先のものも同じ内容だろうと思う。倫理や道徳に関する問いはある程度ひとさらえしておかねばな、と最近とみに思っている。

  • 松岡正剛(編), 情報文化の学校, NTT出版
    これは持っているような気もつよくするのだが、探すのもあれなので購入。ただ、セイゴオ編集のこの手の本は、古びるのがけっこう早いと思うので、注意が必要。

  • Richard Brautigan, Trout Fishing in America , Dell
    おれが買ったのは『アメリカの鱒釣り』のみが入っているのだったけど、いまは『西瓜糖』やらも入ってるのがお安く手に入るので、そっちをポイント。

  • Lois Lowry, The Giver , Laurel Leaf
    ロイス・ローリーのニューベリー賞受賞作。いわゆる「ヤングアダルト」と言うんでしょうか。なぜだかこれの「姉妹編」っぽいGathering Blue を読んだことがあり、それなりに面白くはあったので。



あ、あと、今日じゃないですけど、クーター=ユーレンの『法と経済学』の原版も買いました。

  • R. Cooter and T. Ulen, Law and Economics , Addison Wesley
    この前買ったマーキュロとメデマによる同名書より教科書っぽい感じ。最近、移動中はもっぱらこのクーター=ユーレン本を読んでいますが、やっぱおもろいっすね。これについては別途ネタにするかも、です。
PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 22 23 24
27 28 29 30 31
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]