忍者ブログ

長谷部さんが「カントの三批判書を読む」という続きもののエントリをいま書きついでいる。おれが三批判書を読んだのは、かなり遠い昔のことなので、長谷部さんの書きものについて何か意味のあることが言えるとは思えない。だが、その昔、とはいえ、三批判書は、というか、とくに純理はそれなりにちゃんと読んだものでもあるので(多分に「いたしかたなく」という側面が存在してはいたのだけど)、そのときおれはどのように読んでいたか、という思い出エントリを書く。たんなる「埋め草」として読み飛ばしていただければさいわい。



まず、基本テクスト。これは緑色の表紙でおなじみのKoch, Neff & Oetinger & Coヴァージョンを使っていた。理由はたんじゅんに「安かったから」というものだったけど、人によってはこれを「一番テキストクリティークがちゃんとしている」と評していたりする。ただ、純理はある程度「固まったテクスト」なので、STWでもレクラムでも、どれでも大差ない、と思う。

つぎに、翻訳書。これは、とりあえずガリマールからのを利用していた。理由は、たぶん大岡信だと思うのだが、彼が、「日本語で読んでもわけの分からなかった哲学書を仏訳で読んだら、染入るように入ってきた」と言っていたので、うぶな少年はそれを信じたわけです。もちろん、日本語訳も手元において随時参照はしていて、それには何の変哲もない岩波文庫版を使用していた。純理の日本語訳としては従来、天野訳がスタンダードと言われてきたけど(おれもじっさい学校の授業で、純理を読むなら天野訳にしろ、と言われたことがある)、何せ高いし(この間古本屋でこの天野訳の講談社学術文庫版を見かけたけど、揃いで1万をゆうに越える値が付いていた。岩波文庫から出ていた天野訳も、相場はそれくらいだろう)、だいたいどういう翻訳であれそれほど読みやすいものではないので、結果、どれで読んでも一緒じゃないか、と乱暴なことも思えたりする。だから結局は、各自が気に入ったエディションで読めばいいのではないか、といまは思う。

注釈書としては何と言っても、スミスのこれを挙げないわけにはいかない。基本的におれは「注釈書」というものが好きで、下手をすると原テキストよりも注釈書のほうを漫然と読んでしまったりするのだけど、このスミスの注釈書はそういう「原テキストを無視した漫読」に最適。もちろん、ふつうの意味で有用でもあるので、持っておいて損はない(全然知らなかったのだけど、翻訳が出ているようだ)。

注釈書、というよりも「解説本」と言ったほうがいいような本ももちろん手元に置いていた。定評ある岩崎武雄のやつも持ってはいるけど、ほとんど参照したことはない。それより、いわゆる「分析系」と呼ばれる人たちのカント本のほうをよく読んでいた。そのなかからケルナーの『カント』とDynamics of Reason を挙げる。前者は、純理に限らず広くスコープを三批判書に取り、たんなる「解説」というよりは、現代哲学とのコネクションを教えてくれる。後者を純理、もしくはカントの「解説書」として挙げるのは、ほんとうを言うと違うのだけれど、でも、カントが現代哲学、とくに科哲に及ぼしつづけている影響を知るには、とてもいい本だ。



という感じで、これらの書物を引っぱり出して、長谷部さんの書きものの推移を見守ろうか、と思っています。

PR
この記事にコメントする
お名前
メールアドレス
URL
コメント
わざわざ記事紹介ありがとうございます。正直なところ、はやしさんが読んで面白いと思えるところを目指すのは、僕にはかなり荷が重い。割と自己満足なところでやってるので、生暖かい目で読み流してもらえれば、と思います。

ところで天野訳のことですが、これはヤフオクでそれなりに安い値段で出ているようです(ここでバラすと高騰したりして)。少なくとも万を越えるところまで値が競ることは、まずないようです。

翻訳に関しては「大して気にするほどのことじゃない」というのは僕も同意で、カントに関して日本では篠原訳は避けるが吉とされていますが、実際に読み比べて酷いと思ったことはないですね。それと多くの文献紹介、非常に参考になりました。
長谷部 2007/01/19(Fri)23:48:00 編集
人はどうあれ、自分が面白く思ったり、有用に感じたりすることこそが肝要であり、外野はとりあえず気にせずに書くのがよかろう、と思いますし、当たり前のことですが、プレッシャーをかけてやろう、という気もさらさらありませんので、どうぞ思いのまま進めてください。とはいえ、楽しみにはしています。

天野訳学術文庫版、このオークションのは安いですね。というか、店舗で売られているものが高すぎるのでしょうが。ちなみにおれは天野訳岩波文庫版を、エロ本の占有率が店内で一番高いような古本屋で掘り当てました。

篠田訳、たしかにけっこう難癖つけられていることが多いのですが、他のこの手の訳書と比べるとかなりいいほうだと思います。ほんと、ひどいのあったりしますからね。ともあれ、そういう「ひどい」ものであれ、本人が「これでいい」と思えれば、とりあえずはそれでいいんですが。
はやし 2007/01/20(Sat)02:23:00 編集
まーた間違ってしまいました(人名)。どうも若くしてボケてきているようでもうしわけないです。

ところでこの記事とは関係なくて恐縮なのですが、左右にリンクを分ける更新をなさりましたよね?Webラジオのリンクだけ、何故か枠ぶち抜いちゃって表示されるので気になりました。それと、あまり使わないのでどうでもいいといえばいいのですが、BlogWalkerというRSSリーダーで試しにここを読み込もうとすると、エラーが出たりして読みこめません。RSSリーダーというもの自体、あまり使わないので他のツールでも同じなのかはよくわかりませんが、自分のところ等は一応きちんと動くので。
長谷部 2007/01/20(Sat)09:28:00 編集
「左右にリンクを分ける更新」というのが、レイアウト上の3カラム構成のことであれば、この体裁はけっこうな昔からのことで、ご指摘のウェブラジオへのリンクもそれほど最近になって設置したものでもないですから、そういう症状がここのところ発症するようになった、ということであれば、理由は分かりません。ただ、ぼくの環境(OSX + Firefox)でも、ちこっとはみ出るははみ出ていて、気にならない、と言えばうそになるのですが、でも、それほどはみ出ているわけでもなく……って、Win環境で見ると、けっこうはみ出てますねえ。じゃあ、何とかしましょう。

あと、RSSの件についてですが、これは完全にブログサーヴィス側の問題で、ぼくとしては(コントロールフリークの常として)発行されるRSS書式もコントロースしたいのですが、それも適わず(ほんとを言うと、むりやりどうにかはできるのですが、そこまですることはないか、とも思うので、とりあえず放置しています。が、気が向いたらやるかもしれません)、ゆえに、こちらとしてはいかんともしがたいです。ただ、RSS書式は規格化されたものなので、リーダ側の不具合、ということも考えられます。もしあれでしたら、ぼく以外のブロックブログユーザのRSS取得はどうか、ということを調べてみて、その上で挙動をご報告いただければ、ぼくが何とかできる範囲で何とかできるかも、ですが、まあ、そこまですることもないのではなかろうか、と思います。
はやし 2007/01/20(Sat)23:28:00 編集
わざわざすみません。RSSのことですが、一応さっきまでは表示すら出来なかったのが今は何故か表示が出来ます。リンクも含めて急に表示が変わったのも、IE7を導入したことによるのかもしれません。ただ、構文エラーですという警告が表示されました。他の同じブロックブログのものを3つほど試したところ、どれも支障なく表示されます。
どちらにしても別に気にはならないのですが、報告がてらということで。
長谷部 2007/01/20(Sat)23:50:00 編集
RSSリーダにここのRSSが読み込まれなかったのは、たぶんブログサーヴィス側でRSS発行をしくじっていたのが原因、と思われます。あと、IE7導入に伴う表示の変化ですが、これはちょっと分かりません。憶測で言うと、IE7導入に伴って何らかのコンポーネントの更新がなされ、それがそのコンポーネントを共有している他のアプリケーションにも影響を与えているのではないか、と思われたりもしますが。何にせよ、ぼくにはいかんともしがたいことであり、長谷部さんもそれほど気にならない、ということであれば、とりあえずこのまま、ということで容赦ください。
はやし 2007/01/21(Sun)12:39:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]