忍者ブログ
娘は、おそらく親がひんぱんに接しているものだからか、本、筆記用具、インデックス・カード、スマートフォン、そしてリモコンにものすごく興味を示す。だから、本を読んでいるとき、ものを書いているとき、スマートフォンをいじっているとき、そしてリモコンを操作しているときにはすかさず、本、ペン、インデックス・カード、スマートフォン、リモコンを奪いにやってくる。そういう奪取の手をいくばくなりともかわすために、要らなくなった本、芯をのぞいたペン、書き損じのインデックス・カード、使わなくなったスマートフォン、そしてリモコンのおもちゃが用意してあり、侵攻のきざしがあったときにはそれらをわたすのだけど、敵もさるもの、それらが「じっさいには使われてはいないもの」ということを察知するのか、わたされたとたんに興味なさげにそれらを放りだし、またこちらに向かってくる。とてもやっかいだ。
PR
むかし飴屋法水が動物屋をやっていたころ「ふくろうなんて部屋をめちゃくちゃにされてよければ誰でも飼える」というようなことを言っていた。子どもを育てるというのもそれにちょっと似たところがある。
娘といっしょにテレビの子ども向けチャンネルを見ていると、やはりというかなんというか、幼児教育プログラムの宣伝がよく目にとまるんですね。べつに、そういうのをやらせたい人は(ほどほどの節度を保ったうえで)やらせればいいし、「ちいさいうちから勉強のために子どもを束縛してかわいそうだ」とかも思わないんですが、勉強(と世に言われているもの)なんてやるやつはほっといたってやるし、できるやつは幼児教育プログラムなんてものの助けなど借りずにできるようになるわけで、そもそもあまり勉強に向いていない子(ここで、「勉強に向いていない」とは、「適正」ということのみならず、それ以上に、「それが好きか」という側面を念頭に置いて言われている)が勉強漬けにさせられて下手に付け焼刃的に勉強ができるようになってものちのちぎゃくに苦労するだけのような気もするので、まあ、うちはほっとこうと思います。

ただ、おそらくはカテゴリー的に「幼児教育もの」に数え入れられるであろう VTech 社のあれやこれやは、(おもに親が欲しいという理由で)買っちゃうかも分からないですね。(なんと、おどろくべきことに、赤ちゃん用のタブレットなんてものもある。欲しい)
まずかった。むかし食べたことのある牛乳せっけんのほうがおいしかったような気がする。
外国で暮らすというのは、ビザの申請や更新など、いろいろとめんどうな面もあるけれど、機会があるなら一生のうちに一度は(できれば年単位で)経験しておいても損はないことだと思う。とくにカナダは、子どもを産んだり育てたりという場合、おすすめだ。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/18 writing services company reviews]
[08/17 www.linux.co.uk]
[08/17 人気ブランドBagssjp,楽天市場 海外ブランド 腕時計bagssjp]
[08/17 http://www.flyblind.com]
[08/16 名無権兵衛]
[08/16 mezaninos em curitiba]
[08/15 ロレックスコピー]
[08/15 h0mepage.net]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[08/15 韓国コピー]
最新トラックバック
メール
ブログ作成者(はやし)に直接訴えたいことがある、という場合は、下のアドレスにメールをどうぞ。

thayashi#ucalgary.ca
(#を@に置換してください)

ブログ内検索
Google
WWW を検索 このブログ内を検索

はやしのブログ内で紹介された
 書籍の検索はこちら
 音盤の検索はこちら
ランダムおすすめ
(忍者ブログに引越してから、うまくうごかなくなってしまいました。いつか、直します)
Randombook
このブログで紹介したことのある本をランダム表示。
Randomusic
このブログで紹介したことのある音をランダム表示。
自分がらみのリンク
はやしのブログ書籍一覧
このブログで言及された書籍の一覧。
はやしのブログ音盤一覧
このブログで言及された音盤の一覧。
最近のおすすめ本
最近のおすすめ音

Copyright © [ はやしのブログ ]
No right reserved except those which belong to someone else.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]